由良オリーブについて

由良オリーブとは

日本海側でのオリーブの栽培例はないと言われていた当時、その第一号として、京都府の北部・天橋立で有名な宮津市の由良地区を中心に、オリーブ栽培を始めました。持前の温かい人情と山紫水明の里で、一本一本丁寧に育てられているオリーブです。




誰が育てているの?

2013年10月から『由良オリーブを育てる会』の会員が中心となって育てています。畑を耕し、1本1本手植えすること250本分。そこからスタートしました。由良地区では昔からミカン栽培が盛んです。しかしながら、生産者の高齢化問題もあり、休耕地が多く見られるようになってしまいました。放っておくと荒れてしまう土地をお借りしてオリーブ栽培を進めることにより、地域活性化の活動も担っています。今では植樹すること2000本(2020年7月現在)!! 今後も更に植樹していく予定です。




どんな商品があるの?

『オリーブ茶』『オリーブ新漬け(秋限定)』『オリジナルオリーブオイル』『ブレンドオリーブオイル』があります。




『オリーブ茶』って?

どんな味なの?
若草のようなフレッシュでほろ苦く、爽やかな味わいです。

どうやって淹れるの?
お湯1リットルに1パックを入れ、数分置いてからお召し上がりください。また、夏場は、水1リットルに1パックを入れ、水出しオリーブ茶にしてもおいしくいただけます。

どうやって作っているの?

オリーブの剪定の際に出た枝から、きれいな葉っぱだけを手摘みします。よく水洗いした葉を乾燥させ、粉砕して作ります。

体に嬉しい成分は?

オリーブの葉には、オリーブ特有のポリフェノールである『オレウロペイン』という抗酸化・抗菌作用が高い成分が豊富に含まれています。この『オレウロペイン』のもたらす効果は、血中コレステロール酸化の抑制、動脈硬化の予防、血糖値の上昇の抑制、高血圧の低下作用、体内コラーゲンの生成、体内免疫機能の活発化等、嬉しい効能がたくさんあります。(専門機関による『由良オリーブ茶』成分分析結果より)

『オリーブの新漬け』って?

オリーブの実の「塩水漬け」です。オリーブの実を丸ごといただける秋~冬限定の味覚です。オリーブの実の甘みと塩味が絶妙で癖になるお味です。

どうやって作っているの?
オリーブの実は、大変渋く、そのまま食べることができません。そのため、収穫したオリーブの実を一粒ずつ選果し、鮮度を保つため、すぐに渋抜き作業を始めます。渋抜きが終われば、塩分濃度を段階的に変えながら、塩水につけていきます。塩分が気になる方は、お召し上がりの5分ほど前に真水に浸していただくと、塩が抜け、食べやすくなります。